奇行口聞圖

いろいろ書きます、気分で

Show must go on !

久しぶりのブログとなりました。ご無沙汰してます。若干風邪気味のおふねです。

今回は

 

少女☆歌劇 レヴュースタァライト

 

について、お話しようと思います。久しぶりなんで、文章が拙いところは御容赦ください(いつもの)

 

 

〈おふね、スタァライトを知る〉

あれは今年の二月の初め、僕がある企業のインターンシップに参加するため、東京に来たときのことでした。

習慣、と言うとちょっと変かもしれませんが、東京に滞在しているときはたいていホテルのテレビを点けてTOKYO MXから流れるアニメをボーっと観ています。

このときも、一日限りのインターンシップを終え、ぶらぶら観光してホテルに戻って夜、タバを嗜みながらアニメ(たしかバンドリの再放送だったかな)を観ていたのです。そしたら、

 

このCMが目に飛び込んできたのです。

www.youtube.com

このわずか30秒、

僕に印象を与えるには十分でした。

 

"レヴュー"ってなんだ?"スター"ではなく"スタァ"?

"アタシ再生産" ?

 

おもむろにスマホを手に取りましたね。

 

まず最初にわかったことが、ミュージカルを原作にしたアニメであること。

よく聞かれる"2.5次元ミュージカル"とは、アニメや漫画を原作としたミュージカルだけど、この作品はその逆であること。

舞台とアニメがリンクしているとのことなので、これは新しい試みだなと思いました。

 

それから実際のミュージカルのいくつかのシーンをまとめた動画やスタァライト九九組の曲を何曲か試聴するうちになんだか引き寄せられるものを感じたのです。

 

「よし、まずはアニメを観るか」

 

今年に入って、1番最初に視聴を決めたアニメタイトルでした。

 

〈おふね、スタァライトを観る〉

そして、7月13日。第1話が放送されました。僕は基本ニコニコ動画から視聴していましたが、

期待していた通り、いやそれ以上でした。

一見女子向けアニメっぽいところが見られるが、女子向けアニメにありがちな重い雰囲気はなく爽やかさすら感じるし、舞台少女たちのレヴューシーンのアツい展開はまるで少年漫画のようでした。

ミュージカル原作アニメらしく、レヴュー曲が良いんですよね。オーケストラ調、ジャズ調、ロック調、多種多様です。曲調が変わるなど、飽きさせない演出でした。

個人的には話としてはすごくまとまってて良い作品だと思ったのですが、大学でスタァライトを観ていた人を未だ見かけてないのでなんか寂しいです。いたら教えて、一緒にスタァライトしよ?(謎勧誘)

 

 

 

 

〈おふね、舞台を観る〉

そして10月21日、初めて舞台(ライブビューイング)を観ました。

午前中はバイトをして、昼に天神へ向かいましたが、開演が18時からだったので会場の天神ソラリア附近のカフェで開演の1時間前まで時間を潰してました。その間、研究に関するプレゼンを編集しながらサイトの物販ページをみてたんですけど

f:id:ofnhk:20181023002449j:image

こんなことを言う始末

すみません値段が思ってた以上で、なにぶん初めてなもんでよく分からなくて。

 

なにを買えばいいのか?…とりあえずパンフは欲しいし、2部はライブだからペンライト買うか。そうすると7000円弱かかるな。ヒェーッ

 

とか思いながら呑気に会場に行くともののみごとにペンライトが完売していたのである。

 

悔やまれる。うわぁ…やっぱみんな買ってくんだぁ…もうちょい早くくれば。

 

とりあえずまだ残ってたパンフとメモリアルブックを買って会場へ

f:id:ofnhk:20181022214357j:image

満員御礼

すごいよなあ、アニメ効果って。

 

ところで、アニメのレヴュー曲が収録されてるCDアルバムが2つ販売されてるんですけど、前半のレヴュー曲が収録されてる方は発売当日に買いに行ってもまだ全然残ってたのに、後半のレヴュー曲が収録されてる方は発売当日に売り切れてて現在入荷待ち状態なんですよね。まだ手に入れてないです。アニメ効果ってすごいですね。大学では観てる人いなかったけど

 

観客席の様子をざっと見てみると、男女比率はそこまで偏ってなく、自分と同年代らしい人が多かったけど30,40代くらいの人もわりと見かけたので、客層が幅広く感じられました。

開演5分前、画面に映ったのは天王洲 銀河劇場の観客席の様子

 

僕もそれになりたかった…直接行けばどんなに良かったか。

しかし始まってしまえば実際そんなのどうってことなくなりました。

 

一1部

時間軸は、アニメの最終回で第100回聖翔祭のスタァライトを終えたところからなので、レヴューを通して成長した舞台少女が観れたという感じでしたね。個人的に1番印象に残ったのはばななちゃんの演技かな。「過去に囚われていた少女」から「未来に思いを馳せる少女」に変化していて胸熱でした。あとばななちゃんかわいい(正確に言うと大場なな役の小泉萌香がかわいい)。美人だし歌うまいし動いてるばななちゃんかわいい。キャラなら断然香子はんなんだけど。

ふたかおの立ち位置がアニメとは逆になっているところも面白かったです。

終盤の青嵐高校の八雲先生のアクロバティックな動きには釘付けになりました。おぉ、おぉ、回ってるって。

こんな感じですっかり画面に呑み込まれてしまいました。

みんなめっちゃ動くし、それでいて歌うし、体力半端ない。圧倒されましたね。すげぇ!(小並感)

 

-2部

2部は九九組のライブパートでした。LVの会場もそこそこ盛り上がったかな。僕の席は端の方でしたが、真ん中の列の方はペンライト所有率が高かったです。歓声も聞こえました。なんだかんだ僕も知らないうちにノッてたし、Star divineで手拍子打ってました。はぁ、2ndライブ行きてえなぁ…卒研発表ってなんだよ

 

という感じで、1部2部共に楽しいひとときをすごすことが出来ました。

今後のレヴュースタァライトがどう進展していくのか期待大です。生きる糧ができました。

 

とりあえず僕は「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ―The LIVE―」#1を買って視聴することを目標にしたいと思います。また感想記事を投稿出来るといいね。あと、何度も言うけど

 

2ndライブ行きたい(叶わぬ願い)

 

あとこれも欲しい↓

 

少女☆歌劇 レヴュースタァライト Blu-ray BOX1

少女☆歌劇 レヴュースタァライト Blu-ray BOX1

 

 

 

 

 

 

\早く結婚したほうがいいんじゃないか/ - 『彼女の口づけ感染するリビドー』かんそうぶん

の"いいにおい"っていうのは、大抵その人の使っているシャンプーやボディソープで構成されてるけど、特にそういうことには気にもせず、人は"いいにおい"はその人特有のものと思ってしまうところがあると思います。

 

 

どうも、一介の百合豚 おふねです(謎の前置き)

 

昨日いつものメロンブックスに行くとコミティアの新刊とかが並べられてまして、買うもの決めずいろいろ迷ってたら

 

素晴らしい作品をみつけました

 

 

これ

f:id:ofnhk:20180514192113j:image

『彼女のくちづけ 感染するリビドー』/寄田みゆき作

 

名前は聞いたことあって、だいぶ前にKindleで試し読みしたこともあるんですが、そのままサボってたので、この際買いました。今までの総集編という形です。

 

 

あらすじとしては

 

"ひょんなことから病院に入院することになったウブなjkが主人公。そこで"きれいなおねいさん"と知り合い、先に退院していったおねいさんに襲われる(意味深)。しかし主人公はそのときの感触が忘れられず、退院した後も彼女を求め、再会し、萌え盛る恋へと発展していくのである"

 

こんな感じです。

 

 

率直な感想がこちら

 

f:id:ofnhk:20180514195534j:image

 

いや、あの、素晴らしいの(ボキャ貧)

 

おねいさんに感情を揺さぶられ、嬉しくなったり悲しくなったりどぎまぎしたりする主人公

 

それを見て嬉しくなったり照れたりするおねいさん

 

そんな楽しそうな主人公をみてヤキモチをやく親友

 

ふたりのイチャイチャ百合ップル姿をみた主人公の友人たちが「あらぁ〜^(驚嘆)」ってなったりなど

 

そして、この主人公たちの表情の描写がかわいいのなんの

 

 

昨日まず1巻買って家で読んでニヤニヤして、そして今朝2巻買って家まで我慢できず喫茶店で読んでそこでまたニヤニヤしてました。

 

 

やっぱり百合っていいものですね

 

 

 

最後に、こちらもオススメしておこうと思います。

 

 

その赤をわたしに。 (百合同人誌/40p)

その赤をわたしに。 (百合同人誌/40p)

 

 



 

 

 

 

象讃 第一章~ オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな、このはてしなく遠(以下略)(未完)~

やいですね。1年

 

マストドンを始めて1年が経ちました。おふねです。

まだ1年しか経ってない新規同然()ですが、ここで少し、記憶を辿ってみたいと思います。

 

 

僕がマストドンを知ったのは、僕より少し前から初めていた友達から、断片的にマストドンの話を聞いたところからです。

 

Twitterに似た新しいSNSが生まれたらしい」

 

というのが最初の印象でした。

 

 友達から話を聞いたその日に、僕はAppStoreでAmaroqというクライアントアプリをダウンロードし、いくつかのインスタンスに片っ端から登録しました。二コフレも、pawooも。けど、そのうちのいくつかはすぐに使わなくなりました。今はほとんどjp鯖ばっかり使っています。結局、このインスタンスが1番落ち着くんですね。

 

 僕が最初に見たマストドンは、LTL内で例の一文字を呟く人達でした。前もって友達から話を聞いてはいたけど、正直言って、なんだこいつらって感じでしたね。でも、いつの間にか自分もその例の一文字を呼応するようになり(便乗)、片っ端から何人もフォローしてました。

 

 しばらく、を行き来するネットライフをおくってましたが、あるとき僕の好きな絵師が何人も相次いで垢BANを受けたことで、僕の心の中に鳥に対する不信感とアツいヘイトが募り、夏休みの終わりにはもう鳥に来ることもなくなってましたね。

 

 6月か7月だったか、福岡でもマストドナーのオフ会が開かれたんです。福岡にいるやつ誰でも来いというスタンスだったと思います。とてもとても行きたかったのですが、僕はそのとき大学の課題でガラクタロボを作っていて、発表を間近に控えてました。ああでもない、こうでもないと言い合って、もう帰りたいとか思ってたんですけどいま思えばすっぽかしてオフ会参加しときゃ良かったのかなと思ったりします。いや、まあ、あれは単位かかってたし

 それからも、福岡市内で何度かオフ会が開かれたらしいんですが、3年次は前期も後期も、落とした必修単位を取るために忙しくてなかなか時間が取れなかったのと、オフ会の存在を知らなかったのといろいろあって参加できませんでした。そして、去年のクリスマスに、初めてマストドンのオフ会に参加することができました。

 TL上では、さんざ地元のことをコケにする発言や「このへんの奴らみんなあたm(ry」とか愚痴言ってるけど、断言すれば、マストドンの福岡県民はみんないい人です。あと、年上が結構多いなっていうのが印象的でした。これ、福岡に限らずマストドナーみんなそうなのかな?鳥でもオフ会は頻繁にやってたものの、結局は地元の友達の友達って感じだったし、もちろんみんな同い年。だから、全く縁のない場所で、世代も違う人と会ってという、オフ会らしいオフ会をしたのも、これが初めてでした。

 それからも福岡では、2度オフ会に参加して、美味しいご飯とお酒をご馳走になりました(ほんとにおいしい)。また、東京でもサシオフを敢行したりして、マストドンのユーザー間の繋がりの強さを実感しました。今年はどれだけ時間と金に余裕が持てるか分からないけど、またどこかでいろんな人とオフ会したいですね。

 

といったのがこの1年の流れです。この1年を通して感じたのは、マストドンは閉鎖的なSNSでありながら、jp鯖っていうのはほんと多種多様な人達がいて、面白くてLTL見てて飽きないし、Twitterをやっていたときより見地が広がったんじゃないかというところです。これからも、曲がりなりにもマストドンライフを楽しんで行けたらなと思います。

 

 

 

 

最後に

 

象よ永遠なれ

 

 

 

 

 

良い音のある生活を。

ヤホンがぶっ壊れました、おふねです。

 

f:id:ofnhk:20180418150248j:image

これです。pioneerのイヤホン(8/25日購入)

 

 百合展に行った日のこと、ちょっとした用事で筑豊まで遊びに行って(遊びとは言ってない)、夕方帰ってくる途中、音楽を聴いてるとすぐにブツッブツッっと、イヤホンの右耳が途切れ途切れに聴こえるようになって。いやぁはえぇよぉ、まだ半年も経ってねえじゃないかって嘆いてました。

 1度修理に出してみるか考えましたが、スペアもないし、そのあいだイヤホンがない状態になる、つらい。レシート捨てちゃったから代金かかっちゃうよなぁ…そうだ、もう新しいの買っちゃえ

 

f:id:ofnhk:20180418151041j:image

買った(右はイヤホンケース)

f:id:ofnhk:20180418151230j:image

f:id:ofnhk:20180418151249j:image

3500円くらい。正直これ買うのに30,40分かかった。

 

 2、3千円のイヤホンでいちいち悩んでもあんまり意味がないとは思いつつも悩む。YAMAHAは気になっていた。マイク付きのものを最初買おうとしてたが、マイク兼音量調節部分が微妙にデカくて不格好だなぁって思ってやめて、純粋に聴くためだけのイヤホンを買いました。その点、pioneerはマイク機能がそこまで主張してなくて個人的に好きです。

 結局、予算の限りを決めて音質がどのメーカもどっこいどっこいになったら最後は機能とデザインだよなって思います。

 

 音質については、どの音も満遍なく聴けるので概ね良いと思います。ベース音がしっかり響く、ノイズもさほどないです。

 

あと

f:id:ofnhk:20180418153107j:imagef:id:ofnhk:20180418153127j:image

 こうやって、イヤホンの付け方を変えられるのがいいのかな。左側は、普通に耳にはめるだけ、右側は、ツメに引っ掛けることで耳の後ろ側を通るのと、両方の付け方が出来ます。これ、今後使っていこうと思います。

 

なんか、今週のはてブロのお題が"わたしの春うた"らしいっすね、正直どうでもいいけど、こういう記事だし、"わたしの春うた"貼っておくか

 

https://youtu.be/8GMrg7d7AQk

 

おわり

 

 

 

 

百合展

回から1週間くらい経ちました。どうも、おふねです。大学が始まったんですけど、なんか、忙しいようで忙しくない状態です。みんな就活とかあるし、卒研そっちのけだよね。今年の卒研は発表時期が去年より早まるらしいが、大丈夫なのかな?他人事みたいにいうけど。

 

そんなことより

 

さて、今日はですね、待ちに待ちに待ちに待ちに待ちnに待った(くどい)

 

百合展

f:id:ofnhk:20180414182828j:image

に行きましたよ。

 

近年、福岡でもこういったアニメや漫画のイベントが頻繁に開催されるようになって、僕は心から喜んでいます。いいぞ、もっともっとやれ

 

前日に下見をしたんだけど、どの辺りを会場にするのか、フロアを全て貸し切るのか、天神コアのサイトをみても何も情報が載ってなくて若干不安になってましたが、無事開催されてよかったです。

 会場は規模が小さいのもあって、一瞬迷いました。しかしね、規模が小さいとはいいつつも、複製原画が所狭しと並んでて、美しく、清らかで、尊さを感じる空間がそこにはありました。心浄化されますね…。

 全体的にみると、男性の客が多かったです。まれに女性の客もいました。ファッションビルなので、立地的に女性も多く来るんじゃないかなと思ったんですけど、百合というジャンル自体が、男性のファンが多いのかな、やっぱり。よく分からないけど

 

んで、本日買ったのがコチラ

f:id:ofnhk:20180414184529j:image

え、自分クリアファイルばっか買ってへん?

 

うん、そうだね、偏ってるね汗

 

無意識にこうなってた、息を吸うように買ってた。

 この中で1番単価が高いのはこれかな。あのキスのポーチです。

f:id:ofnhk:20180414185115j:image

f:id:ofnhk:20180414185121j:image

うん、かわいいよ。表裏でキャラデザ違くて、すっっっごくかわいいけどね、どう使っていこう…うーん、お泊まりグッズとか入れるといいんじゃないかな。え、ダメか?

 

 とりあえずあと1週間あるから、平日のどこかでまたなにか買って、土曜日(日曜日まであるが、うっかりバイトのシフト入れちった)は、サイン入りの単行本を目指していく方針でいこうとおもいます。うん、1万は飛ぶな。間違いない

 

-------ここから追記-------

またきちゃった(4/21)

f:id:ofnhk:20180422222044j:image

サイン本待ちの行列、思ってたよりはいた。50人はいただろう。

f:id:ofnhk:20180422222113j:image

サイン本とTシャツ

 

またまたきちゃった(4/22)

この日は朝方バイトだったので、サイン本は買えず

 

f:id:ofnhk:20180422222317j:image

原作かわいいからみんな、映画観ようね(宣伝)

f:id:ofnhk:20180422222322j:image

トートバッグと本

 

 

 

もうさ、行けばいくほど欲しいもの増えちゃうからダメだよね、賢い消費者になりたいよ。

 

後から1枚目の百合展の紹介文読んだんだけど、タッチ・マイ・ハートしたのは俺だけだろうか(反語)(感涙)。首を縦に何回ふっただろう。そうだよね、好きって気持ちが大事です。いろいろあっただろうけど、無事に開催できてほんとに良かったと思います。願わくば東京遠征もしたいところです。

 

百合は心の癒し、はっきりわかんだね。

 

 

おわり

 

 

 

 

自戒

リクルートバッグをようやく買った。明日が説明会なもんで、夕方、天神の某紳士服店に向かい、いちばん安くてデザインが無難なものを選んだ。

先月の頭に、就職支援課の人からバッグを買うように言われ、それから1ヶ月近く経った、今ごろになって買ったのだ。

 

正直、これ自分の悪い癖だと思う。1番の欠点

 

なんでも(こういう急ぎの場合でも)を先延ばしにしがちなのだ

 

今日だって天神に着く直前まで

「べついらないでしょ。なんとかなるよ」とか思ってた。

けど、

「これで身だしなみがどうこう思われて、後々に響くのもバカバカしいよな」

これら2つの気持ちが葛藤して、結局後者が勝ったのである。

 

もっと身近な例を挙げよう

利便性が長けている街に住んでいるからか、電車の時間を特に気にしない。「電車は、逃してもすぐに来るもの」という感覚が身についてしまっているからだと思う。

その感覚が、大学に行っても変化しない。田舎だから、電車は1時間に平均2、3本しかこない。常人なら、学校から駅までの時間を把握し、何分に門を出て、何分の車輌に乗るとか気にするだろうけど、今日の今日まであまり気にしたことがない。気にしないようにしてるのかもしれない。結局次を待ってて時間を損していることに変わりはない。

 

普段から、ものごとを急いでなんとか間に合わせようとしてるけど、その手前までわりとのんびりし(過ぎ)ていたり。でも、本人は忙しくしたくないと思っているところもある。これじゃ矛盾してるじゃないかと。

 

計画性が欲しい。段取り良くできる人が羨ましい。成功する人って、一分一秒を無駄にしないし、人生設計というか、1日1日の計画をしっかりしている傾向がある気がする。

 

そういうものに私はなりたい

 

行き当たりばったり、その場しのぎ、あとでなんとかなる、じゃだめだよなぁ。やっぱり

 

アクアリウム日和

どうも

 

アクアリウムだいすき人間(自称)おふねです。

前回も

f:id:ofnhk:20180403193508j:image

このように、1人アクアリウムを東京にてキメていたわけですが、今回もね、春休み最終日ということで

 

1人アクアリウム(2度目)キメてきました

 

f:id:ofnhk:20180403193638j:image

マリンワールド海の中道

 

お金がないのは分かってる。だけどここで行かないと、学校始まったら行く気失せるよなと思って行きました。

 

まあ僕ぐらいのぼっち達人になるとね、周りにカップルがいようとなんの躊躇いもなく1人で入り込むようになるんすよ。1度やってるってのもあるけど。

f:id:ofnhk:20180403194153j:image

f:id:ofnhk:20180403194210j:image

色合いがきれい

f:id:ofnhk:20180403194231j:image

ウミガメもいます

f:id:ofnhk:20180403194302j:image

かわいいな、お前

f:id:ofnhk:20180403194345j:image

グソクムシちゃん

f:id:ofnhk:20180403194554j:image

f:id:ofnhk:20180403194839j:image

f:id:ofnhk:20180403194910j:image

この水槽、まあまあでかかった。イワシめっちゃおおいよね。約2万尾とか、うせやろ!?

f:id:ofnhk:20180403195033j:imagef:id:ofnhk:20180403195039j:image

餌やりのショーもありました(マンタかわいい)

 

もちろん、イルカ&アシカショーにも行ったよ

f:id:ofnhk:20180403195219j:imagef:id:ofnhk:20180403195235j:imagef:id:ofnhk:20180403195301j:image

f:id:ofnhk:20180403195327j:image

やっぱり、写りが悪いかな。逆光になってたんだよね、ちょうど。

 

他にもいろいろ見て回ってそれなりに満足しました。

 

で、水族館を出ると…

 

f:id:ofnhk:20180403200322j:image

f:id:ofnhk:20180403195944j:image

f:id:ofnhk:20180403195734j:image

イェ〜イオーシャンビュ〜ゥ!!

 

ちょっとくもってるな、黄砂失せろ(率直な感想)

 

と、最終日はこうしてそれなりに充実した日を送れました。

 

そして、このおふね氏…なんと

f:id:ofnhk:20180403200620j:imagef:id:ofnhk:20180403200715p:image

買っちゃった…(年間パスポート)

 

これで1年間いつでもこのカードを提示すればスルッと入館できるという。買っちゃったよォ、¥4500。高かったよォ

 

研究や就活でウンザリしたら、営業時間内ならいつでもここに来て癒されるから、全然得っちゃ得だよね。しかも、この年間パスポートは最大5人までの同伴者の入館料が20%割引かれるそうです。素晴らしい!!!!

 

福岡に来たマストドナーは、ぜひ僕といっしょマリンワールド海の中道へ行こうね。女の子大歓迎です

 

おわり